愛媛大学アカウント

Ehime University Account

愛媛大学アカウントについて

 愛媛大学アカウントは、愛媛大学の学生・職員に大学として1つ配布するアカウントです。複数のシステムで同じアカウントを使用することができます。各システム(メールシステムや修学支援システム)にアクセスするためのユーザ名(ID、UserID)とパスワードが共通となります。 利用については、 情報システム利用上のガイドラインを遵守してください。

利用可能なシステム

現在利用可能なシステムは次のとおりです。

対象担当部署システム備考
学生・職員総合情報メディアセンター情報基盤システムパソコンセキュアゲートウェイ等
学生・職員総合情報メディアセンター愛媛大学無線ネットワーク学生:eunet / 職員:eustaff
学生・職員総合情報メディアセンターLMSシステム(Moodle)
学生・職員教育支援課修学支援システム非常勤講師は別途アカウントが発行されます。
学生・職員総合情報メディアセンター学術認証フェデレーション
学生・職員総合情報メディアセンターMicrosoft 365全学メール、Teams、Officeアプリ等

学生用アカウント発行手続き

新入生への配布方法
対象学生配布場所等配布日
学部学生履修登録会場4月はじめ
大学院生所属窓口(学生サービスステーション各研究科窓口、医学部学務室窓口、農学部学務チーム窓口各専攻科等のガイダンスで別途通知
研究生・科目等履修生・聴講生・特別聴講学生所属窓口(学生サービスステーション各学部等窓口、医学部学務室窓口、農学部学務チーム窓口)4月中
その他
  • アカウントの有効期限は在学中です。
  • アカウントのパスワードが分からなくなった場合は、パスワードの再発行が可能です。
    パスワードが分からなくなった学生は、学生証を持って総合情報メディアセンター1F事務室又は、総合情報メディアセンター医学部・農学部分室まで来てください。
    法文学部夜間主編入生は、図書館1階夜間主コース窓口まで来てください。
  • 学生番号が変更となった場合、アカウントも変更となります。
  • 事前に全学メールアドレス以外のメールアドレスを登録しておけば、パスワードを忘れた場合にパスワードをリセットすることができますので、ご利用の別メールアドレスを登録されることをお勧めします。パスワードリセット用メールアドレス登録手順は、【パスワードリセット用メールアドレス登録手順】をご参照ください。
  • 学外から学内公開限定ページを参照・学内限定リソースにアクセスしたい場合は、セキュアゲートウェイを利用する必要があります。
    セキュアゲートウェイの利用にあたっては、担当教員から「情報基盤システム利用アカウント申請書」で別途申請が必要です。
    申請できるアカウントは、学生用アカウントです。セキュアゲートウェイを使用しない期間が3ヶ月間続くと、翌月、利用資格が自動的に削除されます。

教職員用アカウント発行手続き

対象職員

対象となる職員は次のとおりです。

  • 本学の役員
  • 国立大学法人愛媛大学職員就業規則が適用される職員
  • 国立大学法人愛媛大学特定職員就業規則が適用される職員
  • 国立大学法人愛媛大学有期契約職員就業規則が適用される職員(学生の身分を有する者を除く。)
配布方法

各総務担当宛に学内便で送付いたします。職員番号・氏名が変更になるとアカウントが変更になりますので、変更後新しいアカウントが発行されます。

配布日

毎月月初めに配布いたします。職員録データベース入力後、数日で発行されますが、月途中での着任やお急ぎの方は、各総務担当又は研究支援部情報システム課までご連絡ください。

その他
  • アカウントの有効期限は在職中です。
  • アカウントのパスワードが分からなくなった場合は、パスワードの再発行が可能です。
    職員証を持って総合情報メディアセンター1F事務室、総合情報メディアセンター医学部・農学部分室に来ていただくか、その旨ご連絡いただければ、再発行し学内便でお送りいたします。
  • 事前に全学メールアドレス以外のメールアドレスを登録しておけば、パスワードを忘れた場合にパスワードをリセットすることができますので、ご利用の別メールアドレスを登録されることをお勧めします。パスワードリセット用メールアドレス登録手順は、【パスワードリセット用メールアドレス登録手順】をご参照ください。
  • 学外から学内公開限定ページを参照・学内限定リソースにアクセスしたい場合は、セキュアゲートウェイを利用する必要があります。
    セキュアゲートウェイを利用したい場合は、ご自身で別途申請手続きが必要です。
    セキュアゲートウェイを使用しない期間が3ヶ月間続くと、翌月、利用資格が自動的に削除されます。

非常勤講師用アカウント発行手続き(2021年4月から)

配布方法

所属部局(複数の部局に所属している場合は、その中の1か所の学務チーム又は担当総務)から、愛媛大学アカウントが封筒で配布されます。封筒はなくさないように管理してください。アカウントは、雇用期間中のみ有効です。前期のみの雇用の場合、次年度の前期では別の愛媛大学アカウントが発行されます。全学メールアドレスも変更になります。

配布日

毎月配布いたします。月途中での着任や封筒が届いていない方は、各学務チーム又は総務担当までご連絡ください。

その他
  • アカウントの有効期限は雇用期間中です。
  • アカウントのパスワードが分からなくなった方は、ご所属の学務チーム又は総務担当までご連絡ください。
  • 事前に全学メールアドレス以外のメールアドレスを登録しておけば、パスワードを忘れた場合にパスワードをリセットすることができますので、ご利用の別メールアドレスを登録されることをお勧めします。パスワードリセット用メールアドレス登録手順は、【パスワードリセット用メールアドレス登録手順】をご参照ください。
  • 学外から学内公開限定ページを参照・学内限定リソースにアクセスしたい場合は、セキュアゲートウェイを利用する必要があります。
    セキュアゲートウェイの利用にあたっては、本学の正規職員から「情報基盤システム利用アカウント申請書」で別途申請が必要です。
    セキュアゲートウェイを使用しない期間が3ヶ月間続くと、翌月、利用資格が自動的に削除されます。
マニュアル

はじめてご利用になる方は次のマニュアルをご参照ください。
非常勤講師用はじめての愛媛大学アカウント

学生番号や職員番号または氏名が変更になる方のアカウントについて

学生は学生番号、教職員は職員番号または氏名が変更になると愛媛大学アカウントが変更となり、メールアドレスも変更となります。
変更後、新しい全学メールアカウントが配布されますので、早めに移行等の作業を行ってください。

卒業、退職される方のアカウントについて

愛媛大学アカウントは退職、卒業後に自動削除となりますので、申請手続きは不要です。
アカウントが削除されると、全学メールやOneDriveを含むMicrosoft365関連のデータも全て削除されます。
必要に応じデータの移行・バックアップを実施してください。

対象アカウント削除日全学メールへのアクセスMicrosoft365のデータ削除日全学メールの転送延長申請
学生翌々月末翌々月末まで翌々月末不可
教員翌月末翌月25日まで翌月末
職員翌月末翌月25日まで翌月末不可

情報基盤システム利用アカウント申請について

情報基盤システムを利用するためのアカウントが必要な方は、「情報基盤システム利用アカウント申請書」をご提出ください。
※以下の4つの項目(サービス)について、常勤の教職員は、ご自身の愛媛大学アカウントで利用できます。
※学生は、セキュアゲートウェイを除く項目(サービス)について、 ご自身の愛媛大学アカウントで利用できます。

サービス種別申請対象者備考
セキュアゲートウェイ学生・非常勤職員学生は担当教員から、非常勤講師は、常勤の教職員からの申請が必要です。
パソコン学外講師等学外講師等が教育用PCを使用する必要がある場合に申請してください。
認証ゲートウェイ学外講師等学外講師・講習会等のイベント参加者が有線LANを使用する場合に申請してください。
LMS(Moodle)学外講師等学外講師等・講習会等の参加者がMoodleを利用する場合に申請してください。

申請書

情報基盤システム利用アカウント(サービス種別:パソコン・認証ゲートウェイ・LMS(Moodle)アカウント)が必要な方は申請してください。

情報基盤システム利用アカウント(サービス種別:セキュアゲートウェイ)が必要な方は申請してください。

関連情報

  • 多要素認証(MFA)
    セキュリティ向上の一環として、個人が所有しているスマートフォンや携帯電話などを組み合わせて認証を行う必要があります。
  • パスワードの変更
    愛媛大学アカウントのパスワードは愛媛大学パスワード設定ポリシーに準じて変更してください。
  • パスワードリセット用メールアドレス登録
    パスワードを忘れた際に、最初に全学メールアドレス以外のメールアドレスを登録しておくと、登録したメールアドレスにパスワードリセット用のメールが届きます。
  • パスワードを忘れた場合
    本人確認を行い、再発行いたします。