仲道雅輝研究室

愛媛大学総合情報メディアセンター教育デザイン室 兼
教育・学生支援機構教育企画室
Ehime university Instructional Design Office and
Office for Educational Planning and Research

研究室について

 FD・SDや学生能力開発、授業改善・授業コンサルテーションなどの支援に取り組む。高等教育におけるインストラクショナル・デザインを活用した教育改革に関する研究を中心に取り組んでいる。近年の関心は、ParrishのID美学第一原理に代表される、学習経験の質の向上を目指した実践研究を中心としている。

新着情報

私立大学情報教育協会の「大学教育と情報」2016年度No4に記事が掲載されました。特集「高等教育におけるe-learningの普及方策‐愛媛大学教育デザイン室の取り組み‐」(2017年3月発行)
執筆した書籍が刊行されました。
「教育評価との付き合い方―これからの教師のために」(共著)
「大学におけるeラーニング活用実践集―大学における学習支援への挑戦2」(共著)
「愛媛大学 研究室からこんにちは(9)」(共著)
進研アドの情報誌「Between」の取材を受け、2015 12-2016 1月号が掲載されました。誌面はこちらからご覧いただけます。
南海放送ラジオの愛媛大学広報番組『研究室からこんにちは!』に出演しました。
ICT活用事例インタビュー動画、eラーニングニュースVol.10を掲載されました。(クリックすると動画が始まります)
「授業設計コンサルティングで効果的かつ魅力的な授業を」
4月7日発行の『教育家庭新聞』の『ICTキャンパス』のコーナーに、教育デザイン室が取材を受け、記事が紹介されました。
教育家庭新聞
掲載記事参照
教育事例8~反転授業~「効果的な反転授業とは-Flipped Classroom-,対面授業と事前・事後の学習内容をどう効率的に設計できるかが大切」
ICT活用事例7番外編「ARCS動機づけモデルを使って学生の学習意欲を高めよう!~授業を自己チェックして授業設計にひと工夫を加えよう~」
ICT活用事例5「グループウェアを使った情報共有・業務効率アップで成果に導く!~申請なしで今日からスタート!サイボウズLiveを使った、予定・進捗状況の一括管理~」
第1回シンポジウム「大学教育の未来を支えるeラーニングの可能性」パネルディスカッションに登壇しました。
PAGE TOP