愛媛大学無線ネットワーク接続手順(Windows)

 愛媛大学無線ネットワークへの接続手順を次に示します。本学では802.1X認証を採用しています。802.1X認証を利用するには、接続先の認証サーバの安全性を検証するため、最初に一度設定が必要となります。次に接続するときには、設定は必要ありません。
手順は全て「eunet」に接続する場合の手順となっております。「eustaff」に接続する場合は「eunet」を「eustaff」に読み変えてください。

*ESSID:eunetは学生用,eustaffは職員用となっていますので、ご注意ください。対象外のESSIDには接続できません。

【必要なもの】

 ○愛媛大学アカウント(愛媛大学アカウントをお持ちでない方は別途申請が必要)

 ○次のうちいずれかのOSがインストールされた端末
 ・WindowsVista以降(一部の機種では「ネットワークの認証方法(EAP-TTLS)」に対応していないものがあります。対応していない機種は、一時的にダイナミックPSK接続で対応いたします。接続手順は愛媛大学無線ネットワーク接続手順書(ダイナミックPSK版)をご覧ください。)

【Windows 10 接続手順】

 Windows 10の接続手順を例として記します。OSバージョンにより設定方法が一部異なる部分がございますので、ご注意ください。

(1)左下のスタートボタンから「すべてのアプリ」を選択する。

(2)「システムツール」を押下し、「コントロールパネル」を選択する。



(3)「ネットワークとインターネット」を選択する。



(4)「ネットワークと共有センター」を選択する。



(5)「新しい接続又はネットワークのセットアップ」を選択する。



(6)「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。



(7)「ネットワーク(E)」に「eunet」(又はeustaff)を入力し、「セキュリティの種類(S)」を「WPA2-エンタープライズ」に変更して、「次へ」を押下する。



(8)「接続の設定を変更します」を選択する。



(9)「セキュリティ」タブを選択する。



(10)「ネットワークの認証方法の選択」でリストから「EAP-TTLS」を選択する。

※端末に搭載されている無線LANカードによっては「EAP-TTLS」を選択できない場合がある。
その場合の対応は検討中。

(11)「設定」ボタンを押下する。



(12)クライアント認証で「認証に非EAPメソッドを選択する」を選択し、更にリストから「暗号化されていないパスワード(PAP)」を選択する。選択後、「OK」ボタンを押下する。



(13)「詳細設定」ボタンを押下する。



(14)「認証モードを指定する」にチェックを入れ、リストから「ユーザー認証」を選択する。
選択後、「資格情報の保存」ボタンを押下する。



(15)「ユーザ名」「パスワード」を入力し、「OK」ボタンを押下する。



(16)「OK」ボタンを押下する。



(17)デスクトップ画面に戻り、無線アイコンをクリックする。



(18)「eunet」(又はeustaff)が接続済みとなっていることを確認する。 接続済みになっていない場合、「eunet」(又はeustaff)を選択し、「接続」ボタンを押下し、接続する。