お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。

Office 365(全学メール) に関する10月以降の仕様変更

 ーセキュリティ強化に対する準備 

 

 Microsoft Office 365(全学メール) は、セキュリティ強化(暗号化バージョン強化対応)のため、2018  10 31 日、TLS 1.0 1.1 のサポートが無効化されます。2018 年10月 31 日以降、すべてのクライアントとサーバー間、ブラウザーサーバー間の通信では、Office 365 サービスに正常に接続するために  TLS 1.2 以降のバージョンの TLS プロトコルを使用する必要があります。

 ご利用環境によっては、更新や設定変更などの対応が必要になる場合があります。対応を行わない場合は 10月3 1 日以降順次 全学メールに接続できなくなります。事前に設定はできますので、お早めの対応をお願いいたします。

 *Windows7をご利用の方は対応が必要な場合があります。

 

ご利用環境による影響

1.Outlook on the Web (ウェブメール)ご利用の場合

 ご利用のブラウザは最新のバージョンでご利用ください。古いOSやブラウザバージョンでは対応していないものもあります。最新バージョンではデフォルトで対応しています。

  個別に設定を変更されている方は設定をご確認ください。

 【Internet Explorer の設定方法】

 【Google Chromeの設定方法】

 【Mozilla Firefoxの設定方法】

 

 参考)Template:ウェブブラウザにおけるTLS/SSLの対応状況の変化

 

2.Outlook 2016/2013/2010 から Exchange Online へ接続する場合(Windows自動設定)

 Windows8.1/10では既定で追加の設定は必要ありませんが、Windows 7 ではレジストリの設定が必要です。次の手順で設定を行ってください。

 「Winodws7設定手順A」(KB3140245)

 KB3140245 の適用で作成されるレジストリは次のとおりです。手動でレジストリを変更する場合は十分注意して行ってください。

Windows OS が 32 ビットの場合
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\WinHttp

Windows OS が 64 ビットの場合 (双方を追加)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\WinHttp
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\WinHttp

値の名前: DefaultSecureProtocols
値の種類: REG_DWORD
推奨値: 0x00000a00 (10 進数 : 2560)

 

3.Outlook 2016/2013/2010 からPOP または IMAP を設定して利用する場合(Windows手動設定)

 Windows8.1/10では既定で追加の設定は必要ありませんが、Windows 7 ではレジストリの設定が必要です。次の手順で設定を行ってください。

※前述の「Windows7設定手順A」のレジストリ (DefaultSecureProtocols)  の設定は必須ではありませんが、あわせて設定することを推奨いたします。

 windows7設定手順B---ここから

 (1)レジストリファイル(windows7-tls.zip)をダウンロードしてください。(学内限定)

 (2)windows7-tls.zip ファイルをダブクリックして解凍してください。

 (3)解凍されたレジストリファイル(windows7-tls.reg)をダブルクリックしてください。

 (4)「ユーザアカウント制御」画面で「次のプログラムにこのコンピュータへの実行を許可しますか?」が表示された場合は、「はい」をクリックしてください。

 (5)「レジストリエディター」画面で「続行しますか?」が表示されますので、「はい」をクリックしてください。

 (6)確認画面が表示されますので、「OK」をクリックしてください。

 (7)パソコンを再起動してください。

 「windows7設定手順B---ここまで」

 当該レジストリファイルで作成されるレジストリは次のとおりです。以下の 2 つのレジストリを作成し、TLS 1.2 を有効にします。手動でレジストリを変更する場合は十分注意して行ってください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Client

値の名前: Enabled
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1

値の名前: DisabledByDefault
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 0

 

4.その他のクライアントソフトをご利用の場合

・ご利用のクライアントソフトがTL1.2に対応しているかどうか仕様をご確認ください。ご利用の環境によっては、接続できなくなる場合もあります。ご利用できない場合は、「Outlook on the Web」のご利用をお勧めいたします。

・Thunderbird 31以降は既定でTL1.2に対応しているようですが、その他のセキュリティも考慮して、最新のバージョンをご利用ください。OSがWindows7で、接続できない場合は「Windows7設定手順B」をお試しください。

・iOS 10 以降の iOS  mailはTL1.2に対応しているようですが、その他のセキュリティも考慮して、最新のバージョンをご利用ください。

・MacOS 12 以降の Mac  mailはTL1.2に対応しているようですが、その他のセキュリティも考慮して、最新のバージョンをご利用ください。

 

 ご不明な点がございましたら、次の情報をご確認のうえ、総合情報メディアセンターまでお問い合わせください。

・OSの種類とバージョン

・ご利用のクライアントソフトとバージョン

よろしくお願いいたします。

 

【参考URL】

Office 365 への TLS 1.2 の実装に対する準備

Outlook 2016/2013/2010 から Exchange Online に接続する際に TLS 1.2 が利用されるようにする方法 (Windows 7 では作業が必要)

Outlook クライアント TLS 1.2 対応についてよくある質問