お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
CITEについて

 

総合情報メディアセンター(CITE)の大きな使命は,情報教育・学術研究支援・ネットワーク管理・地域貢献といった,広い意味での情報基盤の統括です。

情報基礎教育の企画と実施,先端的研究分野に対する情報系の学術研究支援を行うとともにe-Learningを核とした新しい教育スタイルの実現,安全・安心なネットワーク利用の基礎となるセキュリティ確保,さらに,教育研究におけるさまざまなコンテンツをデータベース化し学内の利用に供するとともに地域へ向けて情報発信するという課題に取り組んでいます。

 


 【総合情報メディアセンターシステム】

  ●機器概念図      ●ネットワークシステム概念図

 


 【沿 革】
昭和41年 3月 愛媛大学電子計算機室(学内共同利用施設)発足、HIPAC103(主記憶:4KW)導入

昭和50年 2月 愛媛大学計算機室に名称変更

昭和50年 3月 FACOM230-28(主記憶:96KB)を設置、九州大学大型計算機と専用回線で接続

昭和57年 7月 情報処理センター発足

昭和57年11月 情報処理センター建物完成(835.3平方メートル)

昭和58年 2月 FACOM M180IIADシステム(主記憶:12MB)導入

昭和58年 3月 九州大学大型計算機センターと大学間ネットワーク(N1)手順により接続

昭和60年 3月 DDX加入

昭和61年11月 FACOM M360AP(主記憶:24MB)に変更

昭和62年 4月 FACOM M360APシステムに更新

平成 2年 1月 学術情報センターノード運用開始、DDX解除

平成 2年10月 JUNET電子メールサービスの開始

平成 3年 2月 FACOM M770/6システム(主記憶:64MB)導入

平成 4年 2月 JAITに接続

平成 5年 4月 総合情報処理センター発足

平成 5年12月 SINETノード設置

平成 6年 2月 FACOM M1600/6システム(主記憶:128MB),CONVEX C3440CTシステム導入

平成 6年 3月 学内ネットワーク(EUNET)の構築

平成 9年11月 ATMネットワークシステムの構築

平成10年 2月 S-7/7000Uモデル500, FACOM M1600/6システム導入

平成12年 2月 総合情報処理センター建物完成(1871平方メートル)

平成13年 3月 学内ギガネットワークシステムの構築

平成14年 2月 PRIMPOWER 600、パソコンシステム導入

平成15年 4月 総合情報メディアセンター発足

平成15年 9月 総合情報メディアセンター/放送大学建物完成

平成18年 2月 総合情報メディアセンター情報基盤システム導入

平成19年 6月 SINET3本格運用

平成22年10月 総合情報メディアセンター情報基盤システム導入

平成23年 3月 SINET4運用

平成23年 4月 先端研究・学術推進機構総合情報メディアセンターに組織変更

平成26年 9月 総合情報メディアセンター情報基盤システム導入

平成28年 2月 SINET5運用